640diary... Update:2009.04.22


2017.02 スマホ対応済

燃料ポンプの交換

20081113日、燃料ポンプを交換しました。
ここ
2、3年徐々に、寒いとエンジンが始動しないという症状が顕在化してきていたのですが、価格の高いフューエルポンプが原因であってほしくないと願いつつもズルズルと引きずっていました。

2007年に通勤で使用していたボロチェイサーが引退したので、冬期も通勤でクーペに乗ることになりました。
自宅の車庫からの出勤時は問題なかったのですが、気温がマイナス
5度以下になるような冷え込んだ夜の退社時、会社の駐車場で始動できない事態が頻発したため、さすがに今季また同じ事を繰り返すのは御免だと言う事で、冬が来る前に交換に踏み切りました。

原因がポンプ本体と特定できていたわけではないのですが、購入時
8.9万キロ、現在19万キロ、購入以来交換一度もしていないことを考えると、最低10万キロ以上の走行距離が「そろそろ換えろ」と言っているような気もしてきました。(^^;

交換前のポンプ。



今回購入したポンプ。
日産スカイラインジャパン用がクーペの純正と同一品でしかも安いという情報をPAnetkanicanさんからご教示いただきましたので、主治医に調達を依頼。
3日ほどで届いたと連絡をもらいました。


下の写真は携帯で撮ったのでピンぼけ(ヘタクソ!)になってしまいました。
価格は税込32,700円でした。


主治医に「その場ですぐ交換できますよ」と言われたので勉強がてら見学させてもらうことにしました。
早速リフトアップして作業開始。


給油キャップを緩め、配線を外し、送出側のホースを外し、最後にガソリンタンク側。


購入したポンプに交換。


完了。



これは取り外した以前のポンプ。



結果的に、2008年〜2009年シーズンの冬は始動できなかったことは一度もなし。
極めて快調・・・というかこれが普通なんですが。(笑)


  PageTop  
< BACK diaryTop NEXT >
  E-mail