640diary... Update:2016/12/09


電動工具&エアツール

■トリマー、ディスクグラインダー、ベンチグラインダー


【トリマー】 BOSCH PMR500。
500W, 30,000/min

20151月。
既に所有していたナカトミのトリマー(TR-601)の「テンプレートガイド」を紛失(後に再発見)してしまい、どうせならと、本体もちょっと?グレードアップ。
amazonにて10,785円。
BOSCHのトリマーはスピンドルロックボタンが付いていて、スパナ1本でビットの交換が出来ます。
別売りの集塵アダプタも装着して、作業後の掃除が断然楽になりました。

ナカトミのトリマーはお払い箱...ではないです。
PMR500は手持ち作業用メインで、TR-601トリマーテーブルを作ってこれに内蔵させるつもりです。

このトリマー、ケーブルがとても太くて固いため使いにくく、4mソフトキャブタイヤケーブルに交換しました。


【トリマー】NAKATOMI TR-601
消費電力360W28,000/min3,980円が処分特価2,780円だったので購入。
2010年頃に購入した後暫く放置状態でしたが、2012年に製作したウッドデッキの手摺りの加工に活躍。
しかし、使用中に突然電源が入らなくなるトラブル。
ナカトミのトリマーには良くある故障らしく、スイッチボックスの清掃で直りました。


TR-601は、PMR500購入後、木工旋盤のラフィングツールとして活躍中。
将来的にはトリマーテーブルを自作して、それ専用にしたいけど、あら、いつの間にやら人気者に?(笑)

201610月現在、トリマーテーブルが完成したため、ラフィングツールには、PMR500を使用しています。


2,980円のビットセット。


201610月に7,690円で追加購入した、30ピースのビットセット。
トリマービットは消耗品と考えているので(その割に高いww)、できるだけ種類が多くて割安なこのセットを選びました。
これですと1本当りの単価が250円余りになります(笑)
特に、甲丸(下段左から4番目)というビットとクラシック(下段一番右)が欲しかったんですよね。


甲丸ビットの使用例。


クラシックビットの使用例。


【ディスクグラインダー】MEISTER KOBO MDG-100MS
550W 10,000rpm、特売で1.280円だったと思います。
得体の知れないブランドなのですが、自分の良く行くホームセンター「ホーマック」では、当時よくこのMEISTER KOBO の工具が置かれていました。
一番安い物を選ぶと、必然的にここの工具になる....みたいなポジションです。(^^;
ともあれ、ディスクグラインダーは粗い削りや切断などにも使えるので、一家に一台あっても良い(?)


【ベンチグラインダー】EARTHMAN GHB-150
150W 2,850rpm、ホーマックで4,480円だったと思います。
高儀の工具に高満足度を求めてはいけません。
取り敢えず、木工旋盤用のバイトの刃先の研磨用に購入。
ただ、ちゃんと研ぐには治具が必要。予算がないので自作するしかない?(^^;

20169月、バイト研磨治具を製作しました。




  PageTop  
< BACK diaryTop NEXT >
  E-mail