640diary... Update:2017.05.27


1.角のみ組(替え刃)の互換性
2.キリ補助具で建具用小林式角のみが使えるか?
3.角のみを簡易フライス盤代わりに使う
4.小径角のみ用アダプタの製作
5.日立BS30系でSK11の角のみ刃を使う

角のみ組(替え刃)の互換性

このページはオークションで入手した日立工機の建築現場用自動昇降角のみ BS30Yの角のみ組(替え刃)に関する記述です。(2017.05.20公開)


あまりにも長文になってしまったので、2017.5.285ページに分割しました(^^;


なお、内容の運用についてはすべて自己責任でお願いします。いかなる結果にも当サイト管理人が責を負うことはありません。

また、このページから得られる情報にメリットを感じる方は、建築現場用の角のみを入手し(または入手を考えていて)、角のみ組を細いサイズに交換してDIY用として使おうと考えている方くらいかと思います。



建築現場用の角のみはモーターのパワーが大きいメリットがある反面、対象となる木材が105mmオーバーサイズの柱材がメインのため、角のみ組のサイズは30mm以外を使用することが殆ど無いようで、交換性が重視されていません。

僕がBS30Yを入手した後、これまでで分かったことは、BS30Y,BS30YA,BS30,BS30SA,K30Aは角のみ取り付け部の構造が同じ。(K30については不明)

これらは、BS30Yを実測した結果から錐の軸径がD型のφ12mm (L=39mm)で、



30mm角のみのシャンク径が28.5mm (L=40mm)、内径は19.6mm、となっていますが、




何故かこの内径に対して、錐の方の挿し込み軸が17mmと、2mm以上の余裕があります。


ただ、この辺りに関しては、これから細い角のみに交換しようと考えている僕には大きな影響がないので余り突き詰めないことにしました。


また、リョービのDM-20用なども軸径、シャンク径が日立工機の建築現場用と同じで取り付けが可能とのこと。
但し、規格が共通というわけではないらしく、シャンクの位置をずらして取り付けるといった措置が必要らしいので、メーカーとしてはいい顔をしない。
(中橋製作所の回答)


僕が家具製作DIYなどで主に使う木材は1×42×4、或いはそれに類似したサイズの製材なので、角のみ組のサイズは、30mmでは大きすぎます。

なので、1×4の板厚19mmや、これを自動カンナ15mmとか10mmとかに薄くした場合を想定すると、9.5mm8.0mmのサイズのノミが欲しいところです。

それで、まずはBS30Y12.7mm以下の角のみ組を使用する際に必要な、キリ補助具とノミ補助具をホームセンター経由で日立工機に注文。いずれも1個千円前後で入手可能です。

少し本題から逸れますが...

同時期に、角のみ組の互換性について、日立工機に問い合わせしたのですが、その回答は期待を大きく裏切るもので、数値を示した技術的な内容は皆無でした。

要約すると....
僕が質問したのは、BS30用の9.5mmサイズの角のみ組No.959104と造作用角のみBS15YNo.941924は全く互換性がないのかという事と、小林式標準タイプの角のみとの互換性について、そして純正部品の各種キリ補助具の内径寸法を教えて欲しい、という3点。

これに対してお客様相談センターの回答は

・(自社製品含め)他製品の部品等は互換性が無い為、使用不可

・キリ補助具の内径寸法は資料等の用意が無いためお答えできない

資料の用意がない...って、子供の遣いか!
どうやら自社の製品であっても「調べる」という行為はお客様相談センターの業務には入っていないらしい。

図面も描かずに職人さんの勘で寸法おこして加工してるんだろうね、きっと。ww

そもそも情報開示するつもりが無いなら、そうハッキリと回答してもらった方が良いんだけどなぁ。

まあ、サポートって人によるから、たまたま当たりが悪かったのでしょうね。

僕は今まで、モーター以外はほぼ外注のマキタに対して、細かい部品まで殆どすべてを自社で生産している日立工機には、技術的な優位性があると思っていました。
いや、実際微々たる差だろうけど、現在も事実そうなんだと思う。

協力会社の重要性は、業界は違えども自分がそういう立場なので分かっているため、マキタの方向性を否定する気はさらさらないですが、日立工機の「すべて自前で揃えちゃう」は、やはり凄いと思います。

あくまでも僕の感覚ですが、ソロアーティストよりも、演奏まで自分たちでこなす"バンド"に惹かれるのと似ているかも(笑)

ただ、実際はサービス網の多さとアフター対応の評判はマキタの方に分があり、これが現在のシェアの差に現れているのでしょうね。

外資系に買収されてから、サービス向上に力点を置く、みたいなこと言ってたのにね。

まあそれでも、日立工機の製品は今後も使うつもりですけど。(^^;


また現在、角のみ組を唯一販売している中橋製作所にも同様の内容の問い合わせをしましたが、こちらの方が遙かに具体的で、あくまでも人対人の対応をしているな、と好感を持ちました。

内容も錐の軸径やノミのシャンク径を数値で示した上で互換性はないという説明の仕方で、結果は残念でしたが、回答の内容は僕の期待していたようなもので、得る物がありました。


そして、日立工機のお客様相談センターの回答に落胆し、覚悟を決めました。




  PageTop  
< BACK diaryTop NEXT >
  E-mail