640diary... Update:2015/05/09


電動工具&エアツール

■電子丸のこ、スライド丸のこ、ジグソー、卓上糸のこ盤


【電子丸のこ】 HITACHI C6MVY。
1150W, 4100/min

20125月、オークションで4,050円で落札。新品はとてもじゃないけど手がでない定価33,800円のプロ用の電子丸のこが、中古とはいえこの金額でゲットできるのなら御の字です。
この機種は165mmでも190mm並の切断深さ66mmが可能な深切りタイプです。
電子制御なので回り始めがスムーズかつ作動音も比較的静か、本体重量も2.5kgとクラス最軽量レベルです。
ブレーキの効きも「クイッ」という感じで、使用感が以前使っていたE-ValueEWC-165Aとは大違い。
ただ、中古品故多少の問題もありました。
出品時に予め「コンセントの割れ」については明示されていたので、覚悟の上での入札でしたが、案の定接触不良のレベルでしたので、1,200円程費やしてケーブルごと交換しました。



【スライド丸のこ】HITACHI C8FSH
1050W, 3800/min, のこ刃は216mm
20125月、念願のスライド丸のこをオークションでゲット。落札価格は13,000円でした。
2001年製造の中古品ですが、2012年現在も改良が加えられながら、一応カタログモデルとなっているロングセラー機です。
定価109,000円のレーザーマーカー付き上位機種ですが、この機能は逆に初心者にとっても有り難い機能なので、オークションでもこの機種を決め打ちで狙っていました。(マキタの同クラス機は落札相場的に手が出ませんでした)
C8FSHは、自分がチェックしていた期間中、落札価格が15,000円を下回ることが殆どなかったので、競合者が少なくてラッキーな方でした。
「ブレーキが不調」と商品説明欄に記載されていたので、入札を敬遠した方が多かったのかも知れません。
ということで、記載の通りブレーキがまったく効いていませんでしたので、「ブレーキ、直しました」(^^;

なお、スライド丸のこ台の製作の様子は こちら から。



【ジグソー】 Makita M438
消費電力450W、ダイヤル切り換え式で500-3,100/minです。
現品限り在庫処分特価で4,980円だったので飛びつきました。
以前使っていた1,980円のノンブランド中国製品がとてつもなく使いにくかったので、ずっと買い換えのチャンスを伺っていました。(笑)
お陰でジグソーの使用頻度がグッと増えました。超満足しています。
マキタはマキタでもこれはDIY用モデルですが、Made in Chinaの国内メーカー製とノンブランドの中国製品の差を思い知るには十分な性能です。


【卓上糸のこ盤】 EARTHMAN SS-100
消費電力120W、ストローク1,450spmです。
20151月、リサイクルショップで2,980円だったので。
ストローク調整もブロアも付いていないエントリークラスの糸鋸盤です。
トリマー用のテンプレートをこれで作ろうと思ったのですが、きれいに曲線切りするのは結構難しいかも。(笑)





  PageTop  
< BACK diaryTop NEXT >
  E-mail